物理層から
サポートできる
エンジニア

代表

坂本 智広

Tomohiro Sakamoto


デラオ家(や)プロジェクト合同会社 設立

昨今、情報通信速度が著しく向上し、大容量・広帯域化してきています。

しかしその割には、情報通信分野のエンジニアの絶対数が足りなく、その中でも物理的作業を担う情報通信配線のエンジニアの数が減ってきております。

また、中小企業などにおいては、専任の情報通信配線のエンジニアが存在するわけでは無く、他の業務の兼任されており、特に専門的な教育を受けていないまま見よう見まねで実施されている企業が多く存在します。従来ではそのような方法でも問題無かったのかと思います。

しかし、昨今では情報通信インフラに求められる安全性と可用性の担保を高度に求められ物理層は情報通信インフラを支える重要な基礎の一つであり、これらの技術がしっかりしていないと、場合によっては、ビジネス上の問題となりうる可能性が十分に高くなりました。

しかしながら、なかなか追加の人員の確保や研修体制の充実など厳しい状況であまり追いついていないことが現状です。

そこでデラオ家プロジェクトは、皆様のビジネスを情報通信の物理層から、サポートするべく、設立されました。

物理層の情報についてはインターネット上でもあまり開示されている情報が多くなく、周りに、物理層に詳しい人が存在しないという場合には、その機能を社内では無く社外から調達することにより、人員確保よりもコストが掛からず、しかも必要時に必要なアドバイスを受けることができるようになり現状の改善策となります。

また、小回りが効き、柔軟性に富んだ当社の事業内容が皆様の強力なパートナーとなり、ビジネス成長に寄与出来るものと確信しております。

デラオ家(や)プロジェクト合同会社 代表 坂本 智広