【お悩みのあるエンジニア】の方へ
業務効率化/コスト削減におけるメリットをお約束します!
お問い合わせ
物理層に幅広く対応できるネットワークファシリティのなんでも屋。
一途な代表が目指す業界の底上げ計画とは。
デラオ家プロジェクト合同会社
代表 坂本(デラ)
事業内容について教えてください。

ネットワークファシリティの何でも屋としてビジネスを展開しています。ネットワークにはさまざまな種類がありますが、私たちが担当するのは物理層。ネットワークの構築と一言で片付けられるものではなく、ネットワークを構築する際にどのような設計にしたら良いのか、どういったところに装置を置くべきかということや、ケーブリング、ケーブルの敷設作業、電力管理などネットワークファシリティにかかわるあらゆることに対応しています。また、物品販売や各会社にあわせたセミナー・教育プログラムの提供も実施。1つ依頼すればいろんなことをセットで提供できる点は、当社独自の強みだと感じています。

もともと、坂本さん自身は安定志向だったと伺いました。

私は、工業高校を卒業後、施工会社を経て通信事業会社に入社しました。施工会社出身であることを活かし、自社の標準的な工法の取り決めや新しい設備の導入支援、専用線の構築などといった実作業のほか、数多くの講演やセミナーに登壇してきました。ネットワークエンジニアは業界的にも常に人手不足と言われています。なかでも、物理層に詳しい人材や企業はさらに少ない状況です。ネットワークのなかでも特に物理層の領域については、色々な国家資格もありますし、何より経験がものをいう世界。早めに就職をして1つの会社で経験を積み、技術を持った他のネットワークエンジニアと差別化を図ろうと思ったんです。

現在は、業界内の底上げを目指しているそうですね。

ネットワーク構築を事業として展開していても、実作業は工事業者に発注する企業が少なくありません。そのため、自分たちでネットワークが組めても、物理層周りについて詳しいエンジニアがいないという声が多いんです。実作業のノウハウが少ないため、自分たちで作業をしなければならない状況でも、正しいフローがわからなかったり、施工業者に対して適切に監督することができなかったりとさまざまな課題があります。私の場合は施工会社出身ということもあり、このあたりのノウハウが非常に多く保持していると自負しています。そういった業界内の課題が見えてきて、1つの会社で長く働きたいという想いから、少しずつ業界全体を盛り上げていきたいという想いに変わっていきました。

現場での経験が独立を後押ししたんですね。

そうですね。現在もお客様先に伺いますが、当時から私自身がお客様先に伺うことが多かったんです。その際にお客様からさまざまな相談を受けていて。「今度、こんな装置を入れたいんだけど、ラックの環境がひどいからどうしたらいいんだろう」とかね。同業他社の新人研修やセミナー、講演にも登壇しました。その結果、「物理層に困ったら坂本に聞いてみよう」って立ち位置になってきたんです。問い合わせも増えましたし、「もう少し踏み込んだコンサルティングも依頼したい」という要望もいただくようになりました。お客様の声に応えたいという想いから2019年2月に個人事業主として営業を開始。9月20日にデラオ家プロジェクトを設立したわけです。

デラオ家プロジェクトの強みの1つにスピード対応がありますね。

はい、クラウドが全盛期の現在においてもやはりどうしても物理作業というのは時間が掛かります。お客様としては、すぐにでも対応して欲しいのに、業者に依頼すると1か月程度待たされるというのはざらにあります。そこで弊社ではなるべくお客様の要望に応えるべく、各種対応を迅速に行うことを心掛けています。

具体的にどの程度のスピード感で対応してもらえるのでしょうか。

あるお客様は着工日の前日の夜中。もう当日でしたね。そのタイミングで最終の図面が届いて、私が中身をすぐに確認して午前中から工事を開始するということがありました。スピーディーに対応できる理由の1つがペーパーレス。通常、図面は紙に印刷して確認するため、工事担当者も事務所に行って、データをプリントしてという工程が発生します。一方で当社ではタブレットでデータを管理しているため、どこにいても最新の情報を確認できます。また、単純な施工業者ではなく資材販売も対応しているため、ある程度部材を用意できる点も大きいです。

図面の読み解き力も強みだと伺いました。

どんなに完璧と思える図面が手元にあっても、実際に作業していくなかでイレギュラーが発生することはあります。そういった場合は、作業員と監督員とお客様でリアルタイムにコンタクトを取りながら適宜修正していきますね。図面と一言で言っても、収容表や装置の物理構成図などさまざまな種類があります。単純に1枚の図面を見るわけではなく、複数の図面をあわせて読み解くことで、お客様の設計意図をくみ取ったり、書き間違いを発見したりするわけです。お客様の意図がわかると、一見、問題ないように見える図面でも「こうしたほうがいいのでは?」という改善策も見えてきます。現場では問題なく作業が進んでいたとしても、場合によっては私からお客様に提案することもあります。そういった意味でコンサルティングなんです。

国内外に対応しているそうですね。

私自身、長年、国内外問わずさまざまな地域のお客様に対応してきました。北は北海道から南は沖縄まで。海外顧客へのアプローチにも力を入れており、中国のFS.comとも唯一の正規販売代理店としても認定されており、弊社で日本市場に合わせた製品に仕様決め、カスタマイズしております。ありがたいことに引き合いも多数いただいているので、多くのお客様のニーズにこれからも応えていきたいです。

今後の展望について教えてください。

弊社はもともと、困ったときの最後の駆け込み寺、寺子屋をイメージしてこのデラオ家プロジェクトが誕生しました。
そのため、一層いろいろな企業規模や業界の方に弊社を知って頂き、困っている企業があれば支援していきたいと考えています。
例えば、ネットワーク業界以外や中小企業においては「物理層に関して気軽に相談できる相手がいない」「なかなかそういう人材を採用できない…」というお客様からの声をよく耳にします。弊社では、そのようなお客様に対して、専門的な知識を持ったアドバイザーがお客様の相談に対応したり、場合によってはお客様のスタッフのように各種管理や現場作業などを一元的に対応可能なプロフェッショナルサービスを展開したりしています。

社員はもちろん、地域のパートナー企業ともタッグを組んでいきたいと考えています。物理層に関しては、「オフィスのLAN配線は得意だけど、光回線は苦手」というように得意不得意がある企業も多いんです。そういった企業に対して弊社が技術指導をしながら、お互いにとってwin-winの関係を構築していきたいですね。単純に弊社だけが良くなれば、会社規模を拡大していくという考えではなく、業界全体の底上げを図ることで、各地域の対応力を大きくしていければいいなと考えています。

関連コンテンツ